自転車のルール&マナー rule & manner

自転車安全利用五則

1 自転車は、車道が原則、歩道は例外

自転車は、道路交通法上、軽車両と位置付けられています。

そのため、歩道と車道の区別がある道路では、車道通行が原則です。

【罰則】3か月以下の懲役又は5万円以下の罰金

<歩道を通行できる場合>

  • 道路標識や道路標示によって歩道を通行することができることとされているとき
  • 13歳未満の子ども
  • 70歳以上の高齢者
  • 車道通行に支障がある身体障害者
  • 車道又は交通の状況に照らして、自転車の通行の安全を確保するため、歩道を通行することがやむを得ないと認められるとき

2 車道は左側を通行

自転車は、道路の左側の端に寄って通行しなければなりません。

【罰則】3か月以下の懲役又は5万円以下の罰金(右側を通行した場合)

3 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行

歩道では、歩道の中央から車道寄りの部分を徐行しなければなりません。

また、歩行者の通行を妨げることになる場合は、一時停止をしなければなりません。

【罰則】2万円以下の罰金又は科料

4 安全ルールを守る

①飲酒運転の禁止

②二人乗りの禁止

③並進の禁止

④夜間はライトを点灯

⑤信号遵守

5 子どもはヘルメットを着用

児童・幼児の保護者の方は、児童・幼児に乗車用ヘルメットをかぶらせましょう。 児童・幼児以外の方も乗車用ヘルメットをかぶるようにしましょう。